オムツかぶれのお話💭

クリニック看護師です。

命に関わる問題ではないものの、日常的な育児の中でオムツかぶれに悩まれている方も多いと思います。オムツかぶれの原因は、おしりに付着したおしっこやうんちによる刺激、おしりを拭く時にこすりすぎる、下痢などがあげられます。

健康な皮膚の場合の対処法は

⌘ おしりをこすらない

⌘ シャワーなどで洗い流す(シャワーボトルなど使用)

⌘ 水分は押さえるようにとる

十分に乾燥させてからおむつをあてる

⌘ ワセリンを塗り皮膚をガードする

などで改善されると思います。

皮膚が脆弱で治りにくい場合は軟膏薬が必要になります。(亜鉛華軟膏やステロイド軟膏が使用されることが多いです)

①軟膏で皮膚が見えないくらい厚くたっぷり塗ります。     

たっぷり塗ることで、うんちが直接肌に触れるのを防ぎます。

②便や尿が出て、おむつを替えるときには、軟膏についた汚れを取ります。軟膏が残ったままでも大丈夫です。その後、たっぷりと軟膏を重ねるように塗ります。

③1日1回お風呂や清拭の時に、軟膏を全て洗い流します。ベビーオイルを軟膏になじませると、軟膏が落としやすくなります。その後、よく泡立てた石けんでおしりを洗いしっかりとすすぎましょう。その後、おしりを乾燥させて、軟膏をたっぷりと塗ります。

それでもよくならない場合は、皮膚カンジダ症というカビの一種かもしれません。

赤い発疹の辺縁がモコモコとなっているのが、カビの特徴です。
また、赤い発疹の辺縁が白くカサカサとなっているのもカビの特徴です。

カビの場合は、ステロイドの入った軟膏ではかえって悪化してしまうため、抗真菌作用のある軟膏を使用します。

オムツかぶれでお困りの際は、クリニックにご相談ください😊